Top_pageに戻る
 

当院の設備

 

 
 
  明るくゆったりとしてくつろげる待合室
当クリニックでは、少しでも患者様の緊張を少なくするために、明るくて快適で居心地の良い待合室を用意しました。また、お子様づれの方のためにキッズコーナーもご用意しております。
当医院では『スリッパ殺菌ディスペンサー』を導入しております。ボックス内に収容されている間中、紫外線殺菌灯でスリッパの裏側、内側とも均一に殺菌します。病院ではスリッパが院内感染の原因となる菌を院内にばらまき、感染源となっていることが問題視されています。当医院では、患者様に常に殺菌されたスリッパを提供することにより、施設の衛生管理向上に努めています。
待合室
キッズコーナー
スリッパ殺菌ディスペンサー
   --> Page_Top
  常に快適空間を保つ待合室・診療室
空気中の悪臭物質を強力に脱臭します。空気の汚れを自動で感知し、室内を常に快適空感に保ちます。
プラズマクラスター技術はプラスとマイナスのイオンで空中除菌するシャープ独自の技術です
浮遊するカビ菌やアレル物質を分解・除去、さらにウイルスの作用を抑制します。
空気清浄機
プラズマークラスターイオン発生機(業務用)
 
--> Page_Top
 
 被爆量の少ないデジタルレントゲン撮影装置
当クリニックでは、レントゲン撮影装置に最新のデジタル方式のものを採用しております。
従来にものよりX線量が1/4〜1/8ですみ、安全で人にやさいい、コンピューターによる高速デジタルレントゲン装置での検査を実施しております。これによって妊娠中の方にも安心して治療を受けていただけます。
   
 
--> Page_Top
 
 最高レベルの感染予防対策(滅菌・消毒設備)
当クリニックでは、院内感染を避けるために、コップ、エプロン、ゴム手袋、注射針など使い捨てにできるものはできるだけディスポーザブルのものを使用し、また患者様のお口に入る器具(歯を削るタービンハンドピースなど)やお口に入るものに触れる器具(入れ歯や銀歯を調整するハンドピースなど)はすべて高圧蒸気滅菌や除菌洗浄水による除菌を行っております。滅菌した器具は専用の殺菌保管庫で保管し衛生を保ちます。
洗いながら同時に除菌できるBK流水式手指除菌洗浄システムは、BBK溶液を電気分解する際に発生する発生期のスーパーオキシドイオンO2の働きで、高い除菌効果を発揮します。BK除菌法の優れた効果は、各種学会やシンポジウムでも発表され、学術的にも高い評価を受けています。
すべての治療の椅子の近くに強力な口腔外バキューム『フリーアーム・フォルテ』を配備し、歯や入れ歯を削った時に生じる粉塵を吸い取っております。さらに細かい配慮として、患者様が履くスリッパも紫外線灯で消毒しております。
当クリニックの感染予防対策は歯科医院として最高レベルであると自負しております。安心して診療を受けてください。

高圧蒸気滅菌装置

流水式洗浄除菌水生成装置
フリーアーム・フォルテ
   
 
--> Page_Top
 
 痛みの少ない麻酔法・治療法「コンピューター制御電動注射器」
麻酔液保温器で体温と同程度に温めた麻酔液を、コンピューター制御電動注射器『アネジェクト』を用い超低速で注入します(実は、麻酔液を速く注入するととても痛のです)。患者さんを恐怖・ストレスから解放し、痛みを抑える繊細な注射が可能となりました。このように、できるだけ歯肉に打つ注射が痛くないよう心がけております。
麻酔保温器
『アネジェクト』
 
--> Page_Top
 
 
 患者さんへの負担を軽減
LED可視光線照射器 『G-Light PrimaII』 ハイパワーLED照射でスピード重合いたします。
ハイパワーLED照射器は、従来型LED照射器の約半分の時間で重合が完了します。複数回の照射が必要な治療を短時間で完了することができます。また、すばやく処置をしたい小児治療や臼歯部の治療にも発揮し、、患者さんへの負担を軽減いたします。
LED可視光線照射器
LED可視光線照射器
   
 
--> Page_Top
 
 最新式レーザー治療
歯科治療の中でも、最先端の治療法と言われるレーザー治療。その用途は幅広く、通常の虫歯、歯石の除去から、歯槽膿漏、歯肉の切開、歯茎の黒ずみ除去、口内炎、義歯の痛みの軽減など様々です。
通常のタービンを回す治療では、歯の健全な部分も削ってしまう恐れがありますが、レーザー治療ではピンポイントに患部を治療することが出来ますので、従来よりも正確で安心の治療が行えます。治療の際の痛みが少なく、麻酔なしで行えることがあります。また不快な音や振動もないので、お子様の方や、歯科治療に恐怖心のある方でも比較的安心して治療を受けることが出来るでしょう。
毎日のブラッシングで磨き残しがあると、歯の隙間や付け根に溜まった食べかすが歯垢(プラーク)に変わり、やがて唾液中のカルシウム成分と結びついて歯石となります。この歯石は歯茎の病気に原因することが多いのです。さらに普段の歯磨きだけでは歯石は取ることが出来ません。もしも歯石が溜まってしまうようであれば、定期的に取る必要がありますが、その際も痛みや出血は最小に抑えられます。さらに歯茎に一定時間照射することにより、殺菌効果もあり、歯茎を鍛えることにもなります。
メラニン色素の増殖などで、黒ずんでしまった歯茎に一定時間数回の照射することで、色素が薄まってきます。口内炎や口角炎などに対しても、一定時間数回の照射で目立たなくなり、やがて完治します。さらに義歯を装着した際に痛みを感じる場合にも効果があります。

 

   
 
--> Page_Top
 
 

Copyright(c) 2006 Fujiyama dental clinic. All rights reserved.